M Y // R O O M M A T E

みんながあったかくてやさしくなれますようにhttp://cat-chat.dreamlog.jp/
みんながあったかくて
やさしくなれますように

http://cat-chat.dreamlog.jp/

「もう寝てるよね?」



深夜3時に携帯にメッセージがはいった
私はお風呂から出たところで
起きてます、と返信した

内容は友だちが心配なんだ というもの
私も実はその友だち変化が少し気になっていた



年賀状や、誕生日のメッセージカード
大切な人への手紙に書くように
自分のまわりの人たちが笑顔でいられるようにという祈りは、大切な人を悲しませたくないというものにつながるということ。

こうやって気をかけている友だちがまわりにいるということ、それをその友だち自身が認識していること、とても大切なんだと思った。




" 辺りを見渡せばきっと側に誰かいる "



あれから好きなバンドの新作のタイトルを
私はこころの中で唱えてる。





四角いおもちのぜんざいを食べ
今から岩井俊二監督の映画を部屋で見て
夜は真夏さんの歌をききに得三へ行きます。

たまった洗濯物を干そうとベランダに出たら
年末の余韻がそこにあって。
ぼくは、なんだかとてつもなくうれしくて
にやけてしまいました。
20200105

20200105

昨日、映画館のスクリーンでとてもきれいな空色を見たんだよ。あんなきれいな色に映画館で出会うなんて!おとなこども、いろんな人と横並びで同じ空を見上げている感じ。とても素敵だと思った!
これからのこと。

これからのこと。

仲間を理解すること


協力し合うこと


助け合うこと




それが、これからのこと。
音楽の力

音楽の力

おっきな台風が過ぎ去った。

今回は計画運休、臨時休業があり、街に人が出ないことで、街の中の混乱がなかったから、特に被害がない私たちはまだ落ち着いてニュースやSNSを見て、大丈夫な気持ちだった気がする。

帰宅難民。
あのシーンは今でも目に焼き付いてる。東北の地震で東京も大混乱に陥った。

昨晩の渋谷でのこと、実は名古屋に住んでる私も緊張していた。大きな台風が去ったあとでやるという決断。しかも渋谷。しかも深夜。すごい集中力だけれど、東京の中心に被害がないことを想像していたの?

最近唱える想像力の先にあるものに少し違和感がある。お金の回りかたも本当はどうなのか。大好きなチームだからこそ、私も身をおいて考える。

イベントの自粛うんぬんとか、もう私たちはそんなところを飛び越えていく。もう見てきた。今回の台風で、各地であった被害をニュースの画面で目に焼き付け、自然の癖と向き合うこと。におい、音、風の強さ。

うつくしさから一気にこの豹変する感じは人間にもあるから。豹変する前のサインを感じとること。


目をこらす
耳をすます

小さな花に気づく


私は大好きなバンド、チームからそれを教えてもらった。

想像力を働かせ、今は自分を大切な人たちを守ること、笑顔でいられることが 闘うことだと強く思ってる。


人間が笑う番、と自然を切り離して考えるのか、自然から私たちはヒントを得ている。
生きていくヒントを。
アイディアを。


美味しいごはんは自然の恵み。
それは絶対ぜったい忘れちゃいけない。







音楽の本当の力は今どこにあるの?





私自身もこっからとことん鍛えてく。

音楽にバンドに夢中になっていくほどに、この歌詞やメロディはどんな景色を見てうまれるんだろう、、ってききながら想像する。

何者でもない自分のまちを歩く背中に音楽が流れてる感じが、その瞬間からずーっとしてる。

ぼくはいつからか、寄り添うものには興味がなくなったのだ。

その音楽の球体の中にいる。

そのままその先を見つめ、闘いに向かう。






https://youtu.be/CxvT9-bVsl4

遅番で帰ってきて、明日早番。
いつものようにお酒をのんでしまい、気になる文章を読みあさり、すぐ眠れないという。。。。




今、文章にすること、SNSで伝えること。


いつもそれを目でたどり、想像してる。


私のこころをつかむのは、その内容から思わずイメージしちゃうやつ。
表情や声のトーンを。癖を。

私はそれにふれたくて会いにいく。
ずーっとそうしてる。




PARK GALLERYで、去年つくった小冊子を展示してもらった。正直、めちゃくちゃうれしかった。
私の肩書きは何もない。イベンターでもデザイナーでもバンドでもない。

それが、東京のまちへ。


こんなことがあるんだ。
ここ数日のかえりみち、こころをふるわせていた。
受け入れてくれてありがとうございます。




もっともっとフラットになればいい。

何者でもなくなればいい。



でも人間ってうまれてきたときは、実際そうなんでしょ?

何かまっ黒いやつが、変な方向に向かわせているんでしょう。



だから、いろんな色を持つやつになるイメージ。
ころころあたりを転がって、身体中にそれをまとう。




言葉に即効性をもう求めなくなっていた。

自分にも他人にも。
本当に大切なものには、時差があり、
苦しいときにやっとそれを思い出す。
意味を見出だす。

だから、今のもやもやや、違和感におそれない。
すぐはっきりさせる必要はない。




まだ見ていない景色、出会っていない人たちが
いるから。


だから旅を。



そして、部屋でひとりでいることも。




https://youtu.be/5o2MD2dv7Sk
LAST SCENE

LAST SCENE

この2日間みんなとわいわい遊んで
次の日はひとりになり 映画館に行ったりした


ひとりになり
みんなの顔を思い起こしていたら
この1年封印した思いが引き出されてきて
もうそういうのはいいと思っていたのに




物語をつむいでく。
こころ と こころを。


1本の映画をつくるように。




SUPERCARの大好きな曲をきいています
D N A

D N A

このままではそれが癖になる
その癖は自身のものではない
ぼくらを振り回す悪いやつだ



宙や足元にあるもの
目の前に
隣にある大切なものに気付かなくなってくやつ


ぼくらを拗らせるもの
ひとひとに宿るDNAだ


そのDNAにあるそれぞれの癖
見つめるのはそこで


自分にもある
その癖は憎いがかわいいやつ



年を重ねてきたから?

きみの顔がきみ自身というか
話すほどにDNAが滲み出てきて
その数秒間きみがきみをうんだ人に見えた

一瞬にしてきみがこの世にいる意味を知る

その瞬間に涙がにじむんだ





ぼくは綴られることばや切り取られる写真から

声のトーンやその目をやる角度を想像をして
それに恋をすることばかり


ある意味ぼくも拗らせてるけど
それにぼくは生きる意味を見出だす



部屋のベランダ
ライブハウス
映画館
いつものスーパーマーケット


違う土地の部屋から同じ月を見上げていたり
最前列とフロアのうしろの方
映画館で3つ隣の席の人

ぼくは道できみの背中に目をやり
追い越して歩いた



ぼくは今そんな人たちに出会っている


ぼくらは同じ方向を向いてる

初恋を思い出せ!

とマイクに叫んだ茜ちゃんの
週末のライブの余韻がまだ残るなか


今日はキャッチコピーが

恋愛感情を飛び越えろ。


とゆー映画を見て
くすくすしています。



たのしかったー!!!!!



いい人いなくてさー
っていう私たち世代


友だちの中に「いい人」っているはずなのに
年を重ねていくごとに
友だちを恋愛対象に見ないように仕分けてる
新しい出会いがあるはずだ、とまだ信じてる


「いい人」って友だちの中にいるのにね




友だちとデートごっこしてみたら楽しいかも!
という私のいつしかの突然の提案は
まあまあ いいと思うんだけどな
賛成!とそのとき手をあげた人は既婚者だった笑


こんな時代だからこそ
こんな作戦会議をするのが楽しーね



https://youtu.be/nXgegtczx-s